椎間板ヘルニアで脚が痺れてる

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

先日、腰痛、脚の痺れで40代の男性が整体に来られました。

「半年前から腰が痛くて、脚に痺れも出ているんです。」

半年前に整形外科を受診。

診断は、「腰椎椎間板ヘルニア」

病院へ行き、電気や牽引の治療を受けていました。

腰の痛みは、ピーク時よりも良くなっているそうです。

しかし太もも裏、膝下、指先まで痺れがあり、あまり症状が変わっていないようです。

整体前の検査では、

・腰を曲げると痛み、痺れが増す
・身体を横に曲げると腰に痛み

骨盤けん引、腰痛、ヘルニア

全身の関節と筋肉の状態を確認。

背中、腰にかけて筋肉がカチカチに張り。

股関節の整体時には、腰に痛みが出ていました。

太ももの筋肉が張り、動きがとても悪い状態。

腰痛、脚の痺れを注意深く確認しながら、各部の矯正をしていきました。

整体後の検査では、

「腰がとても楽です。動かし易い。痛くないです。」

身体の硬さはありますが、痛みは軽減していました。

しかし脚の痺れは、あまり症状に変わりはありません。

腰の痛みが改善すると共に、脚の痺れも良い変化が見られると思います。

仕事や日常生活での注意点をお話して、今後、しっかりとサポートさせて頂きたいと思います。

腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けた方へ

股、膝、脚の整体

追伸

椎間板ヘルニアは症状が改善するまでに、3ヶ月~2年と改善までに幅がある症状です。

悪化すれば、即手術が必要になることもあります。

ご心配な方は、お気軽にご相談下さい。

自身の状態を早めに把握して、改善に努めていきましょう。

【今日の一句】

痺れ具合 波を感じて 快方へ

川越駅で口コミNo.1の整体院。

おしだ整体院

院長: 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F

049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.