痛み、違和感の基準を確認

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

先日、お尻に痛みを感じる20代の女性が整体に来られました。

「痛みというか違和感というか、座っているときに気になるんです。」

学生時代から気になって、病院でも検査。

特に異常は見られず。

お尻の筋肉のはり?凝り?

マッサージや整体を利用するも改善せず、ひどい状態ではないのでそのまま時が過ぎたそうです。

最近、仕事中に気になることが多くなり来院。

整体前の検査では、

・体前屈でお尻、太もも裏のつっぱり感
・脚上げテストでお尻のつっぱり感

下肢伸展挙上テスト 伸脚挙上テスト SLRテスト

全身の関節と筋肉の状態を確認。

お尻と太ももの筋肉が縮み、硬く張っていました。

全身を矯正し、更に硬くなっているお尻と脚のリハビリ調整。(PNF運動)

整体後の検査では、

「脚を上げた時、お尻の違和感はなくなった。」

まだまだお尻と太ももの筋肉は硬いですが、動作での違和感は軽減。

今回、本人にはお尻の違和感の状態を確認する時に、数字で確認しておきました。

本人の感じている症状が、非常に漠然としているように感じたからです。

病院で先生も良く使われる「痛みの評価スケール」利用しました。(NRS)

・0は、痛みなし
・1~3は、軽い痛み
・4~6は、中等度の痛み
・7~10は、強い痛み

整体前に違和感の自己評価をしてもらいました。

整体前の評価は「6」

整体後には「3」になりました。

長年、気になっているお尻の違和感。

評価が「0」になるように、今後もしっかりとサポートケアしていきたいと思います。

長年の痛みや違和感を解消したい方へ

おしだ整体院パーソナルトレーニング、ペアストレッチ

【今日の一句】

症状の 経過を知るのは 痛み評価

川越駅で口コミNo.1の整体院。

おしだ整体院

院長: 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F

049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


Comments are closed.