あなたの腰に腰痛ベルトは正しく巻かれているか?

川越駅近、おしだ整体院の押田です。

先日、30代の男性が腰痛で整体に来れました。

仕事中には、腰ベルトをしていたそうです。

もう、2ヶ月間も。

前屈で腰に痛みが出ていました。

非常にガッチリとした身体で、脚の動きが非常に硬かったです。

整体後には、可動範囲が広がり、動きやすくなっていました。

しかし、身体の硬さがある為に、今後もしっかりとケアしていかないといけません。

今は、ベルトの力を借りて、無理な動きには注意が必要ですね。

おしだ整体院、股関節の整体

帰りの時に、腰ベルトを装着。

良く見ると、ベルトの着け方に少し問題がありました。

腹巻き見たいになり、ゆるかったのです。

写真とはタイプの違うベルトでした。

しかし、基本、ベルトは骨盤の部分に締めるものです。

お臍より少し下の高さ。

骨盤ベルト腰痛ベルト

ベルトの目的は固定する事です。

始めは、強めに取りつけておきます。

着けてから少し動いてみて、あまりにも苦しい場合は、少しベルトを緩めて調整します。

ゆるゆるでベルトを巻いても意味がありません。

腰痛ベルトを巻いている皆さんは、ご注意下さい。

腰痛でお悩みの方へ

骨盤ベルト腰痛ベルト

【今日の川柳】

巻き方が 違えば効果は ありません

川越市おすすめ整体院。

「おしだ整体院」Oshida physical conditioning

院長、押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-6429

メニュー料金 アクセス 営業予定 お客様の声 よくある質問

※電話から離れていた。外出・移動・セミナー中など電話に出れない事があります。時間を空け、もう1度だけお電話下さると嬉しいです。

 

友だち追加

☆「友だち追加」メッセージからLINEで予約出来ます。

パソコン、整体メール予約メールでのご予約は、こちらからお願い致します。

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.