腰痛、脚上げテスト

腰痛整体トレーナー川越支部の押田です。

腰の痛みがひどくなり病院での検査。

レントゲンやMRIなどの画像診断。

更に、動作や筋力テストをおこないます。

その動作テストで良くおこなわれるのが脚上げテスト。(SLRテスト)

・ベットに仰向けの姿勢で寝て、片脚を上げて痛みなどの症状の有無を確認。(左右膝を伸ばして)

SLRテスト、脚上げテスト検査

・腰・お尻・太ももに痛みや痺れの症状が出るか?

もし、脚を上げて強い痛みを感じれば「腰椎椎間板ヘルニア」の恐れがあります。

椎間板ヘルニアになると、改善までに3ヵ月以上かかる事がほとんどです。

始めは軽い症状の腰痛でも、悪化すれば手術が必要になるケースも。

「腰痛とは長い付き合い。酷くはなっていない。」

油断は大敵です。

自身の身体を大切にして下さいね。

腰の痛みがひどくなっている方へ

腰椎椎間板ヘルニアの模型 ↓↓
腰椎椎間板ヘルニア模型

【今日の川柳】

脚上げが 原因探る テストです

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル,怪我,疲労回復

ダイエット,食事,栄養,スポーツ,フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.