SAQシンポジウムin大宮ソニックシティ

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

先日、所属している日本SAQ協会のシンポジウムに参加してきました。

毎年おこなわれていて、全国で活躍しているトレーナーの方々が来場されています。

今回の講演では、

・室伏由佳さん(女子円盤投げ、ハンマー投げ)
・阿部勝彦さん(日本バスケットボール協会スポーツパフォーマンスコーチ)
・スコット・フェルプス(日本SAQ協会テクニカルアドバイザー)
・三宅宏実選手(女子ウエイトリフティング)

活躍するコーチ、アスリートの貴重なお話を聞く事ができました。

第24回SAQシンポジウム2018.1.27

中でも興味深かったのが、アスリートの家系に育った室伏由佳さんのお話。

「トレーニングを沢山すれば強くなれる。」

そう信じてトレーニングを頑張ってきたものの、疲労・気力低下で良い結果が出ない。

メンタル的にも悩んでいたと。

トップアスリートであった、お父さんのアドバイスを素直に聞けずにいたそうです。

実は室伏さん、アスレチックトレーナーからの指導を受けるようになったのは、現役を引退する1年前からだったそうです。

驚きの事実。

御苦労されていたんですね。

室伏さんがおっしゃっていました。

「最適な状態をトレーニング中に確認する。」

気力、体力ともに高まり過ぎてもダメ。

本番中でも目標設定を下げることが出来ると良いと。

トレーニング実技もあり、とても勉強になりました。

このような機会を設けて頂いたSAQ協会の皆様、本当にありがとうございました。

今後トレーニング指導の時に、選手の気持ちに寄り添い、手助けできるように精進していきたいと思います。

日本SAQ協会ウェブサイト

第24回SAQシンポジウム2018.1.27

【今日の一句】

目的を しっかり共有 フィジカルアップ

川越駅で口コミNo.1の整体院。

「おしだ整体院」

院長、押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, , ,

Comments are closed.