「身体が硬い!」は怪我をする?

こんにちわ。川越駅のおしだ整体院、院長の押田です。

首の痛み、腰の痛み、膝の痛みで、整体を利用されている方との話です。

「私、昔から身体が凄い硬いんです。やっぱり、身体が硬いのは良くないんですよね?」

おしだ整体院、体前屈検査

良くある会話の1コマです。

私も整体の勉強を始めるまでは、良くないと思っていました。

「身体が硬いと怪我をする!」

誰に教わったのか?

知識の中にありました。

でも、実は違うんです。

「身体が硬い!」というのは、言いかえれば身体がガッチリしている。

とても安定感があるという事なんです。

「安定感。」とても大切な事です。

実際、身体の硬い方は、動き・可動範囲が狭いので、怪我をするほど動きません。笑

もちろん、外的な力が加わり、動きの限界を越えた時には怪我になります。

身体が硬い方にこのような話をしたとき、「そうなんですか。良かった。笑」という返事が帰ってきた事がありました。

しかし、ダメなんです。

全然良くありません。

硬い方が身体に受けるダメージは、長い時間・多くの回数使う事で、どんどんと蓄積して大爆発する機会を伺っています。

柔らかい方が、身体全体を使って動いているのに対して、硬い方は、部分的にしか使えていません。

負荷が分散していないせいで、トラブルに発展します。

立位体前屈をした時に、手が床に着かない方の8割が椎間板ヘルニアになっています。

40代前後で、仕事等がとても忙しくなっている時に、身体から悲鳴があがる事が多いですね。

寝る時間もないほど動かれている方は、本当にご注意下さい。

疲労の蓄積が、身体の動きを硬くします。

柔軟性も大切な要素ですからね。

フィジカルコンディショニング始めたい方へ

おしだ整体院、股の整体

【今日の川柳】

硬いのは 良さでもあるが 短所でも

川越駅で口コミNo.1の整体院。

おしだ整体院

院長: 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F

049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.