膝の痛みとリハビリ運動

こんにちわ。川越駅のおしだ整体院、院長の押田です。

階段の上り下り、しゃがみ込み動作、正座など、膝を曲げると痛い!

このような膝痛の症状に悩んでいる方、とても多いですね。

先日、整体に来られている膝痛の方から、ご質問を受けました。

この方、立ち仕事で長い時間、起立の姿勢が続くそうです。

その為、以前から膝にサポーターをして、仕事に出かけています。

固定するような、ゴム製のサポーターを使っています。

「先生、包帯で、もっと固定した方がいいですか?」

たしかに、固定している方が、安定して痛みも出ないかもしれません。

しかし、この方の場合、正座をするように膝を曲げ切ると痛みが増してきます。

レントゲン上での検査で、骨の変形も見られません。

包帯での固定は、歩行にも制限が出ます。

何より、出来る限り曲げ伸ばしをした方が良い状態なので、お勧め出来ません。

「○○さんの状態なら、立っている時に痛みが増して来ないので、包帯での固定はしない方がいいですよ。筋肉も休んでしまい弱ってしまいますから。」

と言う事で、自宅でも簡単に出来るリハビリ運動を教えました。

負荷をかけすぎずに、普段から意識して曲げ伸ばし運動をしてもらいます。

当院に来てから、全身の関節ニュートラル整体・PNFの運動療法(リハビリ)で症状は和らいできました。

ご本人も整体に来た後は、膝の動きが良いと感じています。

症状に合わせて勧めて行くことが、膝痛の根本改善に近道となります。

・膝の固定・安静が必要か?
・膝の曲げ伸ばし運動・リハビリが必要か?

長年、膝痛にお悩みの方へ

おしだ整体院、股、膝足首のリハビリ

【今日の川柳】

曲げ伸ばし やらなきゃダメよ 出来るなら

東武東上線 川越駅 西口でクチコミNo.1!

「おしだ整体院」

院長 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.