骨盤ベルト、腰痛の症状予防、使用法

川越駅スポーツ整体。高気圧酸素ボックス(カプセル)おしだ整体院。

フィジカルコンディショニングトレーナーの押田毅です。

急な腰痛、ぎっくり腰などの時に役立つ「骨盤ベルト」。

不安定な腰を安定させ、症状の悪化を防ぎます。

ひどい腰痛を経験した方の多くは、骨盤ベルトをお持ちだと思います。

しかし、その使用法に問題がある方が多いです。

固定に使用する場合の着け方を、もう一度確認しておきましょう。

・お腹に巻かない。骨盤に巻く。

腰痛、骨盤、固定ベルト

ズボンの前ポケット入口付近にある骨の出っ張りが(上前腸骨棘)、ベルトの縦幅の中心ぐらいになるように骨盤を抑えるようにする。

骨盤ベルトは、ゴム製で収縮するので、なるべく左右から強く引き、しっかりと固定しましょう。

着ける時に、お腹をへこましておこなうといいですよ。

更に、最近では、2重になっているベルトがあります。

このタイプは、外側のベルトを緩めた状態で、内側をしっかり引いて固定。

更に外側を締めると、固定力が上がります。

ポイントは、内側をしっかりと固定する事。

腰痛で骨盤ベルトを使用している方は、もう一度確認してみましょう。

腰痛でお困りの方へ

【今日の川柳】

着け方を 確認固定で 安心だ

2015川越わくわく商品券

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル

フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.