ぎっくり腰にならない為に。その2

こんにちわ。川越駅のおしだ整体院、院長の押田です。

ぎっくり腰のお話で、非常に重要なキーワードがあります。

それは、「急に・・・」というキーワード。

体を動かした瞬間、急に腰が痛くなった。このようなケースは、「ぎっくり腰」の場合が多いです。(筋・筋膜、靭帯の損傷)

ぎっくり腰になった時に状況を、整体に来られた方にお聞きすると、ほとんどの方が、「動いた瞬間に、ズキン!と痛みが出て腰が動かなくなった。」とおっしゃっていました。

(実は、私も何度も経験しています。)

どう動いたかというと、「急に動く」というのが、ぎっくり腰になる大きなポイントになるのです。

実は、この「急に」が、「ゆっくり」に変わっただけでぎっくり腰にならずに済むのです。

ぎっくり腰になる瞬間には、筋肉・靭帯が可動範囲を超えて動き、損傷します。

急に動いた場合、腰の異変に気づいても、途中で動きを止める事はできません。

しかし、ゆっくり動いた場合は止める事ができるのです。

・前にかがむ(曲げる)・・・物を拾う

・伸ばす(反る)・・・うがいをする

・振り返る(ひねる)

これらの動作は、急にやるのは危険です。

腰に痛みがある方、調子が悪い時には、動くスピードにも注意して見て下さい。

今まで、腰に痛みを感じた事がない方でも、ぎっくり腰になる事があります。

このような方は、腰を痛めないような動作を覚えて、日ごろから実践されるといいですね。

ギックリ腰にならないために。その1

おしだ整体院、股関節の整体

追伸

脚周りの動きの悪い方、腰を痛める可能性が大きいです。

ぎっくり腰がきっかけになり、椎間板ヘルニアなどの強烈な痛み・痺れに移行する事も多いです。

痛みが取れたと油断せず、身体のケアをして再発を予防しましょうね。

腰痛予防を始めたい方へ

【今日の川柳】

急いだら 見逃すことが 増えていく

東武東上線 川越駅 西口でクチコミNo.1!

「おしだ整体院」

院長 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.