フットサルで脚がパンパン

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

先日、脚の筋肉痛で30代の男性が整体に来られました。

「フットサルしたら、脚がパンパンに張っちゃって。」

趣味でフットサルを楽しんでいる方。

頑張り過ぎたようで、2日経っても脚がパンパンで痛いと。

整体前の検査では、

・階段で脚が上がらない
・屈伸動作が痛い

フルマラソンを完走した方のように、筋肉がパンパンに張っていました。

フットサル、サッカー、蹴る、走る

太もも、ふくらはぎと筋肉が縮み、パンパンに張っています。

股・膝関節の動きは、痛みもあり、悪くなっています。

元々動きが硬い方ではないようなので、相当疲れがたまっています。

筋肉の緊張がとても強いので、PNF運動のリハビリで動きを回復。

筋肉の状態を確認しながら、無理なくほぐしていきました。

整体後の検査では、

「脚が軽くなりました。屈伸がしやすい。」

久しぶりにおこなったフットサル。

とても楽しかったそうです。

今後も楽しくおこなってもらう為に、ワンポイントアドバイス。

ウォームアップ、クールダウンの話をしました。

「次のフットサルが楽しみ。」

楽しみましょう!

フットサルで脚がパンパンに疲れている方へ

ハムスト、股の調整、脚整体

【今日の一句】

フットサル 終わった途端 揺れる脚

追伸

サッカー・ロシアW杯。

日本とセネガルの試合も、非常に熱かった。

次のポーランド戦も、期待です!

川越駅で口コミNo.1の整体院。

おしだ整体院

院長: 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F

049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.