1年間足の痺れ、腰の椎間板ヘルニア

おはようございます。川越駅近、西口の「おしだ整体院」スポーツコンディショニングトレーナーの押田です。

先日40代の男性が、「1年前、腰の椎間板ヘルニアの診断を受けた。」と整体に来られました。

現在の症状は、もも裏(ハムストリングス)から膝下の外側、足指先の痺れです。

歩く事は、問題ないそうですが、1年前には激しい痛みで歩けなかったそうです。

その頃に検査したMRI画像のコピーです。

腰椎椎間板ヘルニア、MRI画像コピー

当時、整形外科の先生には、痛み止めの薬を出されて、「様子を見ていきましょう。」と言われたそうです。

特に、治療や生活上のアドバイスはなく、ご本人も痛みに耐えながら仕事をされていたそうです。

とても辛いですね。

私も、首のヘルニアを経験しているので分かります。

ギックリ腰、腰痛

椎間板ヘルニアの影響で出る、痛みや痺れの症状は、完治までに早くて3ヵ月。

多くの方が、1年間かかることも多い病気です。

長い方は、2年ぐらい完治までにかかる方もいるのです。

症状が悪化すれば、もちろん手術が必要なケースもあります。

しかし、ただ黙って経過をみて過ごすのではなく。

痛み・痺れの症状、動作チェック、関節の動き、筋力などを確認しながら、整体をするのはとても効果的です。

今回、整体に来られた方も、「もう少し早く整体をされていたら」と考えます。

・急激な痛み・痺れが出た。
・力が入りずらい。入らない。

こんな症状が出た場合は、整形外科など病院での検査をして下さい。

「様子をみていきましょう。」と言われた方。

その検査の結果を踏まえて、今後どのようにケア出来るか?ご相談していきましょう。

整体が適応でないケースをご参考にして下さい。

おしだ整体院、股関節の整体

【今日の川柳】

経過見る 安静だけでは 変わらない

川越市おすすめ整体院。

「おしだ整体院」Oshida physical conditioning

院長、押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-6429

メニュー料金 アクセス 営業予定 お客様の声 よくある質問

※電話から離れていた。外出・移動・セミナー中など電話に出れない事があります。時間を空け、もう1度だけお電話下さると嬉しいです。

 

友だち追加

☆「友だち追加」メッセージからLINEで予約出来ます。

パソコン、整体メール予約メールでのご予約は、こちらからお願い致します。

このページの一番上に戻る


, ,

Comments are closed.