電車通勤時に段々と腰が痛くなってくる

こんにちわ。川越駅のおしだ整体院、院長の押田です。

腰痛に悩む30代の女性が整体に来られました。

電車通勤中に、吊革につかまり立っていると段々と腰に痛みが出てくるそうです。

整体前の検査をするため、色々な動作チェックをしました。

この女性は、身体・腰を反ると腰痛の症状が発生していました。

立位(気をつけ)の姿勢を見てると、背骨の腰のあたりがかなり反り気味でした。

いわゆる「反り腰」姿勢が強い方でした。

整体をしていくと、全体の動きの良さに比べ、もも裏(ハムストリングス)とふくらはぎ(ヒラメ筋・腓腹筋)の短縮が見られました。

どうやら、この筋肉の伸びずらさが、腰を反りやすくする原因の一つとなっていますね。

ご自身でも、「柔軟は、昔から得意で脚も左右に180度開きますよ。でも、ふくらはぎは確かに突っ張るかも?」笑

身体全体の柔軟性があっても、もも裏とふくらはぎの筋肉は伸びずらい。

全体とのバランスが良くないですね。

脚の部位を中心に、全身の整体を施し、再度動作と腰の痛みを確認するとスムーズな腰の動きとともに痛みも取れていました。

「すごく腰が楽チンです!」笑

痛みが取れて良かったですが、この方の腰痛の原因、脚の筋肉の短縮。

ここをしっかりと修正しないと、腰痛からは、なかなか解放されないと思います。

これを期に、お身体をいたわってケアしていってほしいですね。

この方は、しばらく整体でメンテナンスして下さるので、次回の予約をして帰られました。

腰痛の方は、左右の開脚よりも、前後の開脚の動きを注意したいです。

前後開脚が、腰痛にはとても影響しやすいんですよ。

脚が上がりずらい、踵立ちが苦手。

そんな方は、気をつけて!
SLRテスト、整形外科的検査法

電車通勤で立っていると腰が痛くなる方へ

東武東上線 川越駅 西口でクチコミNo.1!

「おしだ整体院」

院長 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.