アキレス腱を伸ばす、ストレッチボードの注意点?

川越市フィジカルコンディショニングトレーナーの押田毅です。

先日、30代の女性とストレッチの話をしていました。

「アキレス腱のストレッチに、ストレッチボードを使っています。」

ストレッチボードは、角度が調整して「ふくらはぎ」を伸ばすものです。

疲れ、硬さが出やすい足首のケアに、とても良いものです。

日頃、どんな感じでおこなっているか、見せて頂きました。

すると、ストレッチボードに乗った姿勢が・・・。汗

とても辛そうで、腰が反った状態でした。

「アキレス腱が良く伸びるから、いつもこのぐらいでやってます。」

ストレッチは、我慢しならがやっても効果はありません。

この場合、無理をしているので、背中、腰にも緊張が出ています。

これでは、腰を痛めてしまうことも。

アキレス腱ストレッチ 腰が反る、ストレッチボード

余裕を持って、真っ直ぐ立てるぐらいでストレッチした方が効果的です。

アキレス腱、ふくらはぎも、軽く伸びている程度からおこなったほうがいいです。

日頃から、ストレッチをして身体のケアをしている方。

無理な姿勢では、効果が無くなってしまいます。

ストレッチの姿勢、再確認してみましょう。

日頃から身体のケアをしている方へ

アキレス腱ストレッチ 腰が反る、ストレッチボード

【今日の川柳】

軽めから 伸ばして確認 ストレッチ

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル,怪我,疲労回復

ダイエット,食事,栄養,スポーツ,フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

, ,

Comments are closed.