リハビリトレーニングのポイント

川越市フィジカルコンディショニングトレーナーの押田毅です。

怪我をすると大変なのが、リハビリ運動。

治療、症状、受傷後の経過(期間)を確認。

リハビリメニューを決めておこないます。

・狭い可動域→広い可動域
・遅い動き→速い動き
・弱い負荷→強い負荷

このような事に注意しながら、リハビリをこなしていきます。

怪我、骨折、入院

注意したいのは、リハビリをしている時の感覚。

症状、違和感に注意し、無理をしない事。

自主トレーニング中では、嫌な感覚のするリハビリメニューは中止しておきましょう。

他のリハビリをおこない、中止したリハビリ運動は、専門の先生に相談してみて下さい。

頑張り過ぎてしまう方。

先生と相談しなが、無理せずおこないましょうね。

自分に合ったリハビリ・トレーニングを始めたい方へ

おしだ整体院パーソナルトレーニング

【今日の川柳】

時期をみて 症状確認 無理しない

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル,怪我,疲労回復

ダイエット,食事,栄養,スポーツ,フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.