マラソン、ランニング、ふくらはぎストレッチ

川越駅スポーツ整体。高気圧酸素ボックス(カプセル)おしだ整体院。

フィジカルコンディショニングトレーナーの押田毅です。

マラソン、ジョギングと気持ちいい季節。

マラソン大会に参加する方も、多いのではないでしょうか?

そんな走り込み、トレーニングを頑張る皆さんに、ふくらはぎの簡単ケアをご紹介します。

走った後には、筋肉がパンパンになっていますよね。

疲労回復を早めるためにも、ストレッチをしてケアしましょう。

ランニング、マラソン

ふくらはぎの筋肉は2種類。

・腓腹筋(ひふく)

踵(かかと)から膝上に伸びる筋肉です。

ストレッチは、膝を伸ばした状態でおこないます。

・壁を利用し、つま先を上げて着き、身体の重心を踵の上、壁の方向に移動していく。

すると、腓腹筋が良く伸びます。

ふくらはぎの筋肉、腓腹筋ストレッチ

もう一つの筋肉は、

・ヒラメ筋

踵から膝下に伸びる筋肉。

ストレッチは、膝を曲げておこないます。

・床に片膝を着き、踵が床から離れないように、前に重心移動。

踵が浮かないように、上から押さえるために、ももを腕や身体を使って押さえつけましょう。

ストレッチは、一度に30秒を目安におこないましょう。

無理なく、痛いか痛くないか、気持ちいい程度でおこないましょう。

疲労が強く出ている時は、3回ぐらい繰り返し、夜、寝る前にもおこなっておきましょう。

次の日が楽になるはずですよ。

普段からのケアで、ランニング、マラソンを楽しんでいきましょう。

フィジカルコンディショニングを始めたい方へ

ヒラメ筋ふくらはぎストレッチ

【今日の川柳】

運動後 伸ばす筋肉 疲労取る

川越駅西口 腰痛トラブル解消整体!

「おしだ整体院」

院長 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-6429

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.