ストレッチボードご注意下さい

川越駅、腰痛ケア整体師の押田毅です。

先日、整体を受けて下さった方から質問を受けました。

「ストレッチボード持っているんですけど注意点はありますか?」

当院にもストレッチボードがあり、良く利用しております。

足首の角度を変えてストレッチする事が出来るものです。

個人にあった柔軟体操が出来るのでいいですね。

使用する場合の注意点は、

● 無理な角度でストレッチしない

角度が増すと、ふくらはぎを強くストレッチする事が出来ます。

しかし、上記の写真を見て分かるように姿勢が崩れます。

硬さのある方は、無理すれば背中や腰へのストレスが増します。

それが原因で、腰に痛みが発生する方もいます。

まずは、ストレッチ感を感じない角度から始めてみて下さい。

自分の身体と相談して、週・月単位で角度をつけていきましょう。

セルフケア、ケア体操を覚えたい方へ

★アサヒ ストレッチングボード

【今日の川柳】

やりすぎて 腰がなんだか 痛いんです

★2016年度 わくわく川越商品券が使えます!平成28年度 わくわく川越商品券

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル,怪我,疲労回復

ダイエット,食事,栄養,スポーツ,フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.