ぎっくり腰にならない為に。その1

こんにちわ。川越駅のおしだ整体院、院長の押田です。049-293-2877

「皆さん、ぎっくり腰に注意して下さ~い!」

でも、注意するってどうすればいいの?

まずは、読んでみて下さい。⇊

ギックリ腰、腰痛

実は、急に腰を痛める(ぎっくり腰)というのは、多発する時期があります。

・季節の変わり目
・寒暖の差が激しい

こんな時には、皆さん要注意です!

最近も、こんな事がありましたね。

前日が暖かく、ポカポカと春の陽気。

しかし、次の日、気温が急に下がり、気温の差は10℃以上。

このような寒暖の差に、身体はなかなか順応できないものです。

このような日・時期にはは、ぎっくり腰のような「急な痛み」が頻発するんです。

こんな動作には注意しましょうね!

・床の物を拾う (しっかりとしゃがむ姿勢を取らずに手を伸ばした。)

・布団から起き上がる (腹筋運動の動作で起きた。)

・椅子に座り、振り返る (座ったまま、近くの物を取ろうとした。)

これらの動作は、ぎっくり腰になりやすい動作の一例です。

予防としては、

・物を持つ時には、必ず物に身体を近づける。

手を伸ばしたり、無理にひねったりすると腰に負担がかかります。

・起きあがる時には、一度横向きになってから身体をなるべく真っ直ぐに保ち、手を使って起きましょう。

腰を曲げないようにすれば、負担が軽くなります。

普段から腰痛の方、このような気候の時には、特に注意してみて下さいね。

ギックリ腰にならないために。その2

おしだ整体院、脚の整体

【今日の川柳】

センサーの 感度を上げて 予防しよ

川越駅で口コミNo.1の整体院。

「おしだ整体院」

院長、押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.