ハムストリングス、もも裏ケアで腰痛予防

慢性腰痛 整体トレーナー川越の押田です。

・身体が硬い。
・筋肉が伸びない。
・関節の動きが悪い。

体力測定の長座体前屈、立位体前屈が苦手な方は多いのではないでしょうか?

体操、ストレッチ、長座体前屈、硬い

そんな身体の硬さを感じている方。

特に注意してほしい部分が、

・太もも裏の筋肉(ハムストリングス)

もも裏の筋肉は良く動かしておかないと、非常に縮まりやすい筋肉です。

ハムストリングスが縮んでしまうと、脚の動きに制限が出てしまいます。

この動きの制限が、腰痛の原因に強く関わっているのです。

脚の硬さが背中を過剰に動かし、腰痛へと発展させる。

身体の硬い方には硬いなりの柔軟ケアがあります。

無理せずにポイントをつかんで、日々ケアをおこなっておきましょう。

腰痛予防を自宅でもおこないたい方へ

「背中の曲がり、気になっていませんか?」

↓ ↓ ↓

前屈テスト、腰、背中曲がり方

【今日の一句】

縮まると 腰に影響 もも筋だ

東武東上線 川越駅 西口近くでクチコミNo.1!

「おしだ整体院」

院長 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-6429

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.