腰痛予防には前後の動きが大切

慢性腰痛 整体トレーナー川越の押田です。

慢性的な腰痛にお悩みの方。

腰を曲げる動作で痛みはありませんか?

・腰を前に曲げる(前屈)
・腰を後ろに反る(後屈)

腰痛に悩む多くの方が、腰部に無理な力を加えています。

身体が硬い柔らかいに関係なく、可動域の限界付近を常に使っている。

そのことが腰への強い負担になっているのです。

腰の「使い過ぎ」こそが腰痛の原因というわけです。

腰痛、座位、デスクワーク、凝り、張り

Q: 使い過ぎてしまっている腰部を守るにはどうすれば良いのか?

A: 脚の動きを良くすること。(下肢)

特に股関節の動き、前後開脚の動きを良くしたいです。

日頃の生活では、脚を前後に大きく動かす事はありません。

動かさない脚の動きは知らぬ間に狭くなっています。

本来、脚がおこなうはずの動きを、腰部がカバーし負担になっているのです。

・脚が動かない → 腰が動く → 腰痛

負の連鎖はこうして生まれています。

腰痛にお悩みのアナタ。

左右の開脚ばかりおこなっていませんか?

腰痛の改善には前後の開脚が重要です。

日頃のセルフケアに前後開脚も取り入れてみて下さい。

※腰痛が酷い方。セルフケアで腰に痛みや違和感を感じている方は、絶対無理におこなわないよう。

慢性的な腰痛にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

股関節、前後開脚

【今日の一句】

動きでは 優先したい 前後開脚

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル

フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.