太ももストレッチで腰痛注意

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

スポーツ・運動の現場で良く見られる体操やストレッチ。

筋肉を伸ばし、関節をしならせる。

・可動域の確認
・セルフケア

皆さん、目的を持っておこなっていると思います。

以前、マラソンを楽しんでいる方とストレッチの話をしていました。

その時、見せて頂いた「太もも前側」のストレッチで注意してほしい部分があったのでお話します。(大腿四頭筋)

・立った姿勢で片足を後ろに持ち上げて、太ももの前を伸ばす方法。

良く見られますね。

多くの方が利用しているストレッチだと思います。

もも前大腿四頭筋ストレッチ

この立った姿勢で行う太もものストレッチ。

注意してほしいポイントがあります。

●足を後ろに引き過ぎて、腰を反らない。

太ももを良く伸ばそうと、頑張って脚を引き、更に持ち上げるようにしている方がいます。

腰に不安がある方は感じた事があると思います。

「腰の痛みや違和感。」

太ももを伸ばしているのに、腰に嫌な感じがする。

これは、ストレッチするポイントがずれてしまっているせいです。

やりすぎは姿勢を崩し、腰に強いストレスを与えます。

片足で立ちながらする、太もものストレッチ。

姿勢には、充分な注意が必要です。

慣れないうちは、安定した床に座っておこなうといいと思います。

ストレッチするポイントを意識して、無理なく自分にあった加減でおこないましょう。

「痛気持ちいい!」ぐらいの伸ばし加減がいいですよ。

日頃からケア体操、ストレッチでコンディショニングをしてい方へ

もも前ストレッチ,大腿四頭筋,膝痛

【今日の一句】

やりすぎて 余計に伸ばし トラブルに

川越駅で口コミNo.1の整体院。

「おしだ整体院」

院長、押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.