カバンを持ったらグキッと腰に痛み

川越駅、腰痛トレーナーの押田です。

先日、ぎっくり腰で30代の男性が整体に来られました。

「仕事中にカバンを持った時に腰が痛くなって曲がらないんです。」

床に置いてあったカバンに手を伸ばし持ち上げる。

日常、良く見られる動作。

ぎっくり腰のスイッチが入りやすい動作でもありますね。

痛みが出て、予防の為に骨盤ベルトをつけて来院。

整体前の検査では、

・腰の痛みで身体を前に曲げられない(前屈)
・横に曲げると腰の痛み(側屈)
・仰向けでの脚上げで腰に痛み(SLRテスト)

腰痛、ぎっくり腰、腰の違和感

全身の関節、筋肉の状態を確認。

痛みのある腰まわりの筋肉が強く張っていました。

背中、太もも、ふくらはぎ等も強い腰の痛みの為、パンパンに張っていました。

ぎっくり腰は過去に何度か経験していたそうです。

しかし、ここまで酷い腰の痛みは初めて。

ぎっくり腰は、筋肉を覆う膜(筋膜)や関節をつなぐ靭帯の損傷です。

要するに怪我を負ってしまっている状態。

痛みの部分の負担が減るように、全身の調整をしていきます。

整体後の検査では、

「さっきよりは少し動けます。」

傷をカバーする全身の整体。

整体をして傷が治っている訳では、もちろんありません。

腰の痛みは、まだまだ残っています。

骨盤ベルトの締め方、動作の注意などアドバイスしました。

ぎっくり腰は「痛みが治まる、傷が回復する」まで、通常1~2週間かかります。

今後は、症状を確認しながら調整範囲を広げて行きます。

痛みが取れて安心していると、再発してしまう事が多いからです。

痛みが取れる → 固まった動きを元に戻す

また、ぎっくり腰にならないように、今後しっかりとケアしていきたいと思います。

ぎっくり腰にならない為に

骨盤調整、仙骨、腸骨

【今日の一句】

疲れてる 腰の不安が 的中さ

川越駅で口コミNo.1の整体院。

おしだ整体院

院長: 押田毅(整体師、スポーツトレーナー)

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F

049-293-2877

このページの一番上に戻る

 


, ,

Comments are closed.