膝が痛くなってバレエが出来ない

慢性腰痛 整体トレーナー川越の押田です。

先日、膝痛で20代の女性が整体に来られました。

「一昨日、膝が痛くなって病院に行きました。」

検査の結果は、膝に水が溜まっていたそうです。

今回、先生の判断で水を抜かず、経過を診ることにしたそうです。

実は彼女、バレエをしている方。

以前、膝関節の前十字靱帯を損傷し、手術経験があるそうです。(ACL)

早くレッスンが出来るようにと来院されました。

整体前の検査では、

・膝を曲げると痛み(屈曲)

バレエ、ダンス、踊り

全身の関節と筋肉の状態を確認。

さすが、バレエをされている方。

柔軟性はとても高く、関節の可動範囲もとても広い状態。

しかし、足関節の微細な動き、しなり感が低下していました。

身体の柔らかい方のトラブルは、関節の「しなり感」低下が多く見られます。

関節可動範囲の限界域で、動きが失われているのです。

関節の動きを調整し、更にPNF運動でリハビリ。

「膝の動きが滑らかになりました。」

普段、疲労感はあまりないという事でしたが、筋肉も凝っている部分が多くありました。

そこで、高気圧酸素ボックスを利用。

気圧の上昇が、リラックした身体の深部までほぐしていきます。

何か脚が軽くなった。疲れが溜まっていたのかな?」笑

全身運動のバレエ。

一度怪我を経験している膝関節。

足に荷重がかかった状態での動きには、今後も注意が必要です。

今後も膝のケアをおこない、バレエを焦らずに頑張ってもらいたいです。

フィジカルコンディショニングを始めたい方へ

関節ニュートラル整体、膝の施術、仰臥位

【今日の一句】

バレリーナ 関節硬さ 気をつけよ

オシダ フィジカル コンディショニング Oshida Physical Conditioning

押田 毅(オシダタケシ)整体師・スポーツトレーナー

〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町7-7 晋栄ビル2F
049-293-2877

メッセージから予約も出来ます。
 ↓ ↓ ↓
友だち追加

高気圧酸素ボックス,O2BOX,カプセル,怪我,疲労回復

ダイエット,食事,栄養,スポーツ,フィジカル遺伝子分析- dna

このページの一番上に戻る

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

, ,

Comments are closed.